暮らしの安全守るドア|頼れるタフな防犯設備

付け替える

鍵をあける

まずは見積もりから依頼します

ドアの交換はいつ必要でしょうか。折れてしまった。割れてしまったなどあると思います。台所のドアには窓が付いていたりします。窓が割れてしまっても交換が必要です。ドアの開閉部分の金具も壊れる場合があります。ノブや鍵が壊れてた場合は、ノブや鍵だけ交換すれば大丈夫です。他にもデザインを変えたいなどの理由で交換します。玄関のリフォームを専門でやるリフォームコンタクトというサイトを見てみましょう。ドアの交換は一日で終わるようです。ふすま式のドアから扉式のドアにも交換ができます。見積もりは匿名でできます。見積もりフォームから3分で完了します。見積もりは無料です。最大5社から返答があります。悩んでいないで今すぐ見積もりをしましょう。

ドアの交換の前に自分でもやってみよう

ドアを自動でゆっくり閉めてくれる機械があります。内側に付いている鉄製の金具です。クローザーとかチェックといいます。クローザーが壊れることが良くあります。ボディーの細さの割にかなりの力でドアを引っ張っているためです。 壊れてしまったらホームセンターに行くと金具だけ販売しています。大体5,000円位から10,000円位で販売しています。説明書を読めば自分でつけられます。インパクトドライバーという電動でドライバーを回す機械があると便利です。先端を交換すれば木材に穴を開けることもできます。これもホームセンターで5,000円位から手に入ります。 ドア自体を交換する前に自分でやってみましょう。それでもダメならリフォーム会社に依頼しましょう。または工務店でもやってくれるところがあるはずです。