暮らしの安全守るドア|頼れるタフな防犯設備

不具合への対処

古いドアと鍵

事前に鍵交換の対策をしましょう

玄関のドアの鍵は、家族が毎日使うものです。繰り返し鍵の開け閉めをしていると、鍵が擦り減ったり、鍵穴に異物が詰まったりすることがあります。突然の鍵の故障は、日頃の生活に大きな影響を与えます。鍵交換を大至急行わないと、外出することもできず、防犯上も心配事が増えていきます。突然のトラブルを防ぐために、日頃から鍵の開閉に不具合がないか、確認しながら使用してみましょう。例えば、鍵が差し込めない、回すことができない、抜く時に引っ掛かりがあるなど、違和感を感じたら鍵交換の業者へ連絡しましょう。鍵本体が劣化している場合には、スペアキーの作成をすればよいですが、鍵穴がおかしい場合には、錠前を交換しなければなりません。

防犯対策をしましょう

鍵交換をする際に、錠前の種類を選びましょう。玄関や勝手口のドアに付いている錠前は、ドアノブの中心に鍵穴があり、主にインテグラル錠やシリンダー錠などがあります。鍵交換をする際に違う種類のものにすると、ドアに開ける穴の大きさが違ってくるので、取り付け準備に手間が掛かります。同じ種類、サイズ、製造メーカーのものにするとスムーズに交換できます。サイズはドアの厚さや側面に付いているビスのピッチ、バックセット、フロントの寸法などが必要です。最近では一つのドアに鍵を複数付けることもあり、防犯上の強化を考えている人が多くいます。空き巣が開けにくい錠前も開発されており、少しでも犯行時間が掛かって、未遂に終わるほどの丈夫な鍵交換がお勧めです。