暮らしの安全守るドア|頼れるタフな防犯設備

カメラを活用する

1つの鍵

防犯カメラの効果を活かす方法について

自宅や会社など、気を付けていてもごみの放置などの些細な犯罪の被害は避けるのが困難です。 完全な予防法はなかなかない中でも、防犯カメラの設置は効果的です。 予防、威嚇効果だけを目的として設置するなら、ダミーの防犯カメラを付ければ低コストで取り付けられます。 その反面、いざという時に犯罪被害の現場をおさえるためなら、カメラはむしろ隠しカメラを取り付ける方法もあります。 目的によって、防犯カメラの設置場所をわざと目立たせる場合と、加害者に油断をさせる場合がありますが、大切なことは、防犯カメラの死角を悟られないことです。自動的に向きを変えるカメラや、定点式でも定期的に設置の向きを変えると、犯罪者に対する威嚇効果が大きくなります。

マンションの防犯カメラの運用について

マンションのエントランスや廊下などは、居住者の共有部分です。共有部分での防犯のために防犯カメラが設置されていることがありますが、このカメラが記録した映像の取扱には注意が必要です。 居住者の帰宅時間などのプライバシーがそこに映っているので、防犯カメラの映像は、管理組合の役員といえども一人で再生せず、複数の役員が目的を明確にして確認するなどのルールを作っておくと安心です。 安全安心のために設置した防犯カメラで、居住者同士がプライバシーを気にしあうことになってはかえって人間関係が維持できなくなってしまいます。 時には、警察などの捜査機関から映像の提出を求められる場合もあるので、映像再生の許可をするルール作りを、いざという時の前に心掛けておきましょう。